ひがしはら歯科医院

治療前に一読

 

入れ歯について

入れ歯がなかなか合わず、お困りの方は多いのではないでしょうか。 当院でも多くのご相談を受けております。

入れ歯とは

歯を補うためにはめる人工の歯を、入れ歯(義歯)と言います。 何らかの原因で歯を失うと、噛み合わせや見栄えに影響が出てきます。咀嚼、嚥下、発音や見栄えを回復する治療法として、入れ歯は最も一般的な方法です。

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。
部分入れ歯 残っている歯と歯茎で受けとめる義歯を部分入れ歯といいます。様々な欠損状況に対応して作ることができます。取り外しが簡単なので残った歯の清掃も行いやすいです。ただ、装着による違和感や見栄えの問題、部分入れ歯を外して清掃しなければならないという負担があります。
総入れ歯 すべての歯を欠損している場合、総入れ歯になります。総入れ歯は安定源となる歯が残ってないために、どうしても部分入れ歯よりは不安定になり、食事や会話が楽しめなくなることもあります。用いる素材によっては見栄えが気になることもあります。
入れ歯には、保険適用のものと、自費のものがあります。保険適用の入れ歯は、安価で作ることができます。 しかし、用いる素材に制限があり、審美性にも限界があります。 自費の入れ歯は、保険が適用されないため高額にはなりますが、用いる素材に制限がないため審美性・機能性に優れた入れ歯を作ることができます。

あなたに合った入れ歯を

どうして、お口に合った入れ歯を作るのは難しいのでしょうか。 人の口の中は立体的で、物を噛んだ時や表情などによって口の中の筋肉は変形します。それは患者様ひとりひとり違いますので、歯科医の経験と技術力が大切なのです。 正確な型を取ることができないと、かみ合わせや表情の変化に対応できず、痛みや違和感を生じます。また、部分入れ歯の場合、義歯を支えるための歯に負担がかかりすぎて痛みを感じることもあります。

ご自身に合ったものを使用することで快適な食事を楽しむこともでき、明るく自然な口元の表情を取り戻すことができます。入れ歯は生活の中で重要な役割を占めています。

患者様からのご要望を聞かせて頂いたうえで、審美的・機能的に最適な設計を行っております。 それには、まず一番大事なことはお口に合った入れ歯を作るための型取りだと考えます。正確な型は「痛くない入れ歯」を作るのに大切です。

入れ歯でも美味しく・しっかり噛めるような食事をしていただきたいと思います。 お悩みなどがございましたら、何なりとご相談ください。

その他の記事もぜひご一読ください

▲ページトップへ

copyright (c) higashihara dental clinic all rights reserved.